漫画・美魔女と呼ばないで(老眼あるある)

「男になりたい あぁあぁ男になりたいッ!」

と思ったこと、あなたはありませんか?

私はしょっちゅうです。日に何度となく。

 

かと言って、立身出世であるとか、男のロマン・男の野望にあこがれて、とかそういう意味ではなくって、単に、女性ならではのこまごまとしたボディーのケアやらヘアーのケアなどが、イヤでイヤでしようがないからです。

 

「ああ男だったら、白髪しらがをはやし放題にしてやる」

「ああ男なら、丸坊主にして、全身石鹸で洗い、風呂から出たらタオルで いておしまいだ!」

「男だったら、化粧なんぞは必要ないのに!」

とかそういう類の「男になりたい」なのです。

 

え? ものぐさ? ものぐさの不潔女? ・・・

 

それは大きな誤解です!

ものぐさどころか私の場合、神経質なものですから、様々な段取りを経て色々とやっているうちに、異様に時間がかかってしまい、そのおかげで洗髪後などは、疲れ果ててしまうのですよ。

シャワーや風呂の後なんて言うのは、さっぱりすっきりどころではなく、あんまり頑張って洗髪するので、その義務を果たし切った頃には、ドロドロに、疲れ果ててしまうんです。

 

だから、イヤなのです。からだのお手入れも髪のお手入れも!!

 

と言ったところで、どうぞ漫画の方をご覧ください。

熟女あるあるです・・・

f:id:pogo555:20200423151503j:plain

f:id:pogo555:20200705061431j:plain



f:id:pogo555:20200423151607j:plain

f:id:pogo555:20200619150857j:plain



f:id:pogo555:20200423151647j:plain

f:id:pogo555:20200423151708j:plain

f:id:pogo555:20200619151007j:plain



f:id:pogo555:20200423151755j:plain

f:id:pogo555:20200423151817j:plain

f:id:pogo555:20200423151836j:plain

f:id:pogo555:20200423151857j:plain

 どうですか、似たような経験ありませんか?  

  

「太腿の毛穴、全然目立たなくなっちゃった」――本当に私、そう信じ込んでしまったんです。滑稽こっけい ですね。  

  

ところが事実は、そうです「よく見えていなかった」それだけのことなのでした。  

  

20代後半辺りから近眼になり、日中はずっとコンタクトで過ごすようになったため、まあまあ遠くのものもまた見えるようになった、けれども、目から太ももまでの距離って微妙に遠いので、近視用のコンタクトをしていても、そうくっきりとは見えないのです。  

そのうえ老眼にもなってしまいましたから、遠視用のコンタクトをしていても、近いものはよく見えません。  

そういう状態で、何気なしに太腿に目をやると、なんだかまるで肌のきめが細かく、キレイになったように見えるんですね。いい具合にソフトフォーカスがかかって、ぼんやりした、美しい見栄えになるんですよ。  

  

完全にだま されてしまいました。  

  

因みにですね、老眼鏡はなくても、コンタクトを外して裸眼で見たら、近くのものもはっきりと見えるようになるんですよ。素晴らしくちゃんと見えるのです。  

若いお嬢さんたちはそんなこと、知らないんでしょうね。(というか、知らかなったのは私だけか)  

  

だから夜、コンタクトを外した後なんかに、その厳しい現実に気づくこともできた筈なのです、が、気づけなかったんですね。  

それだけ体のお手入れに手を抜くようになった、ということです。他にやること山積みなので、太腿をまじまじと眺めながらローションを塗る、などという行為から遠ざかってしまったんです。  

  

ところで、どんなふうに毛穴が目立つのか、お教えしましょう。

  

ボツボツと凹凸おうとつ がある目立ち方、ではなく、どこまでも平らなんだけど、毛穴部の色がやや濃いめというのか、色的にポツポツ、毛穴がうっすら強調されている、と言って分かってもらえるでしょうか。  

体の他の部分は大丈夫なのに、太腿の正面側だけ、そういうことになっています。  

f:id:pogo555:20200716080957j:plain

全然、変わってねえじゃんかヨ!

みたいなことを、確かに私は口走りました。太腿に向かって。  

   

   

ここで豆知識を一つ。 

  

  

マンガでちょっと触れましたが、老眼鏡は英語でリーディング・グラス(Reading glasses)というんですね。ちょっとオシャレな響き。 

と言いますか、「老眼鏡」があまりにもどストレートなんですね。残酷にすら感じられます。 

やはり老眼という響きがイヤだったんでしょう・・・「そんなものの世話にはまだまだなるまい」とかなり長い間それなしで粘りました。50になった辺りでとうとう、致し方なくしぶしぶ使い始め、以後それなしでは読めない書けない、そんな私になってしまいました。 

  

しかしホント、「リーディンググラス」って響きにはデリカシーが感じられて、いいですね。それを使う事への抵抗感が少し、やわらぎます。 

f:id:pogo555:20200716080957j:plain

いやいや、それも所詮はまやかしだ!
(心の声)

 

  ・・・どんなに柔らかい言い方をしようが、老眼鏡は老眼鏡。老眼という現実をなぎ倒し、封じることなどできません。「読書用のメガネです」といかにリーディングを強調したところで、

f:id:pogo555:20200716144313j:plain

はいはい、お年寄り専用メガネね

とヒトは即座にそう判断いたしますように・・・ 

 

f:id:pogo555:20200716080957j:plain

それがどーした!!
(また、心の声)

  

 ・・・老眼鏡の話はやめましょう。 

  

ところで! 

お化粧上手な方に質問です。  

  

どうすれば、いや、何をどうすれば、ファンデーションを塗っても、毛穴が目立たないような仕上がりになるんでしょう?  

  

「カバー力もあり、何時間経っても化粧崩れせず、マットにならず、毛穴が強調されない」  

この条件を満たすファンデーションって、何なんでしょう!!  

「カバー力あり・化粧崩れしにくい」リキッドファンデを試すと、ツヤの出るタイプを選んでも、ぜんぜんマットになってしまいます。  

なので、BBクリームに戻ってしまったのですが、・・・どうも残念な仕上がりになってしまいます。  

難しいです。

 

こんな時、

 

f:id:pogo555:20200716080957j:plain

あぁああぁ、男になりたいッ!!!!!

 

 と思ってしまうんですね。